チャドクガの駆除は今! 卵の時期に駆除する方法

チャドクガの駆除は今! 卵の時期に駆除する方法 家庭でできる害虫対策

【ツバキ、サザンカ、マサキを植えている方へ】

春になると大発生する毒毛虫、チャドクガ

サザンカなど身近な樹木にいるので
悩まされている方も多いのではないでしょうか?

見た目が気持ち悪いので、イラストで失礼します。

 

 

そこで!

弊社の樹木医、池上から

チャドクガの卵を駆除する方法
教えていただきました♪

 

チャドクガの卵の駆除方法

春を迎えると卵が孵化し、毒毛虫が大量発生します。
大量発生してから薬で駆除するのが一般的ですが

まだ卵の今(冬の時期)なら
簡単に「チャドクガ」発生を抑えられるんだそうです!

樹木医 池上より

一般的にチャドクガは
幼虫発生初期に薬剤散布して駆除しますが、
実はこの時期に卵を取り除くと
春の発生をかなり軽減
できます。

ツバキやサザンカを下側から覗き込み、
葉の裏側をじっくりと観察します。
すると直径1cmぐらいの
薄黄色い綿のようなものが張り付いているのが見つかります。

これがチャドクガの卵です。

チャドクガの卵

素手で触らないように注意して
葉を付け根から切り取り
ビニール袋に入れて処分します。
簡単でしょ。

我が家のツバキで3つ見つけました。チャドクガの卵

一つは隣のマサキの葉裏についていました。

池上からは以上です。

チャドクガの卵を駆除する際の注意事項

葉っぱの裏にこんなふうについているんですね。。

見つけたら、葉っぱを切って捨てるだけなら
私にも簡単にできそうです!

ただ、卵を産んでいるということは
そこに成虫がいたわけですので、
毒針が残っていることがあるそうです。

なので素手では触らないように、ご注意くださいませ^^

タイトルとURLをコピーしました